レンタカーならWINDYの2013年8月の日誌

会社概要 | サイトマップ

レンタカーの空車状況
取扱車種一覧


レンタカーでオープンカーに乗るならWINDY

月別アーカイブ

子供とオープンカー


3461187_s.jpg

お客様のお話でよく耳にするのが

『子供をオープンカーにのせてやりたい』

素敵だと思います。

オープンカーに限らず子供にいろんな体験をさせるのは大事ですよね

そんなお客様の表情はとても輝いて見えます。

ウィンディはチャイルドシート・ジュニアシートを無料で貸し出しています

御気軽にお申し付けください。

ただし4人乗りの後席は風がかなり強く巻き込み前席とは全く違く環境です

長時間や高速での走行は季節に関係なくのどや鼻を異常に乾燥させ痛める場合があります

ご注意ください。

参考までに私の娘をオープンカーに最初に乗せたときのお話をすると

娘が5歳のときですが

親父は嬉々として運転しているのに

彼女は助手席で下をむいて本を読んでいました。

楽しませようと張り切っても

楽しいのは子供じゃなくて

親の方かもしれませんね(笑)


オペル カスケーダ


Opel-Cascada_02.jpg
たぶん日本では販売されないでしょうがオペル カスケーダ

かっこいいですね

昨今のオープンカーは防犯や耐候性の問題からメタルトップが増えてきましたが

やはり全体のフォルム、スペース、軽快性からいえばソフトトップのほうがいいですね。

4人乗れますしね。

幌を開けた時はどんなオープンカーでもかっこいいんですが

やはり一般的には閉じて走る時間のほうが多いと思うんです。

メタルトップの場合どうしてもトランクが間延びしたり、ルーフラインがイビツになったりするんですよね

ですから幌を閉めた時のフォルムはソフトトップの方が断然優位です。

このカスケーダの先代はアストラカブリオレでメタルトップだったんですがなんと今回のモデルチェンジでソフトトップにもどしちゃいました

以前先々代のアストラカブリオを乗ってましたが。

オープンにしては非常に剛性が高くいい車でした。

ただ日本ではブランドイメージがいまいちなんですよね。

ヤナセも販売やめましたしね。

だけどカスケーダほんと綺麗な車です。

Opel-Cascada_03.jpg


門司港コース(WINDYから1.5時間)


mojiko2.jpg

なにも郊外のワインディングロードや海岸線だけがオープンカーのステージではありません。

城下町の白壁や、街中の街路樹もオープンカーのよさを堪能するにはもってこいだと思います。

普通の車と違って窓から覗き込まなくてもオープンにして流せば素敵な街並みを気軽に楽しむことができ、街の匂いを感じることができます。

そこで今回おすすめするのが門司港レトロ

明治から大正に建てられたレンガ造りの洋館や駅舎などが点在し、古いけど新しく、知らないけど懐かしいレトロという修飾語がぴったりの街並みです。

女子フォト会を定期開催するぐらいフォトジェニックな街なのでオープンカーをモチーフにして楽しめると思いますよ。

osaka.jpg


TOPに戻る↑