レンタカーならWINDYの2013年6月の日誌

会社概要 | サイトマップ

レンタカーの空車状況
取扱車種一覧


レンタカーでオープンカーに乗るならWINDY

月別アーカイブ

オープンカー高速道路は大丈夫?


DSC08591.JPG
『オープンの状態で高速道路を走っても大丈夫なの?』

お客様よりよく頂く質問のひとつです。

一言でいえば大丈夫です

法律的にも問題ありません。

現代のオープンカーは驚く程快適に作られています

運転席背後の整流板がついている車輌はとくに風の巻き込みも少なく

日本の法定速度内であれば助手席の方と普通の声で話ができる程です。

実際ドイツでははるかに速い速度でオープンにして走っています。

ただし4人乗りの車両の後部座席は風が強烈ですのでおすすめしません。





桜島・知覧・指宿コース(WINDYから4.5時間)


12917334_s.jpg

今回ご紹介する桜島・知覧・指宿はウィンディ所在地の博多から九州の中では最も遠いコース

長いドライブになるのでサービスエリアで休憩しながら幌を開けたり閉めたりして
オープンエアモータリングを楽しんでください。

九州道の各SA・PAには限定ソフトクリームが販売されています
ソフトクリームめぐりも楽しいですね

ここで注意なんですが
九州道の八代JCTと人吉ICの間になんと24ものトンネルを通過します
そのうち2本は6kmを超える長いトンネルです
オープンカーにはちょっとつらい環境です
呼吸もなんとなく苦しいですし音が反響して快適とは言えません
手前の宮原SAまでに幌を閉じておくことをお勧めします。

4時間ほどすると雄大な桜島が見えてきますが
まれにオープンにして走ってると目に火山灰が入ってきてチカチカします(本当)
街中を歩いているとこっちは目も開けられないのに地元の方は平気で歩いてるのでビックリします
あたりまえのことなんですね

ただし安心してください

火山灰が降るのは噴火している時でも風向きによる一部の地域です
ほんの数キロ走ればまたオープンで走れます

桜島をバックにカッコイイ写真を撮ってください。

指宿(いぶすき)につけば今度は砂攻撃です(笑)
海岸に寝転んで砂をかけられちゃってください
砂蒸し湯のあとの本場の白くまは格別だと思います。

そして知覧です

知覧特攻平和会館に時間を多くとっていただければと思います
ここだけを訪れる旅でも十分意味があると思います。

ナビ登録ポイント
1、砂むし会館砂楽 0993-23-3900
2、知覧特攻平和会館 0993-83-2525




シトロエンDS3 カブリオ


7.png

ちょっと変わったデザインのDS3 カブリオ

オープンというよりキャンパストップに近いですね

シトロエンのキャンパストップと言えばドゴール大統領のDSを思い出します。

だけどさすがシトローエン おしゃれです

幌に模様が入ってる車初めて見ました

そしてこの車の特筆すべき点は幌の開閉がなんと120㎞以下であれば行えること!

さすがフランス車 自由が最優先です

ステキですね




オープンカーは恥ずかしい?


3475834_s.jpg

オープンにして走ってると

いろんな人の反応を感じます

「カッコイイィ!」

子供って素直ですよね

傍らを通りすぎるとき声にだして言われることが多いです

そうなんですカッコイイんです!!

自動車メーカーが実用性は最低限確保した上でカッコよく作った車ですからね

花形満やジェームスボンド、小暮課長も乗ってましたし(古いですね)

ただし大人は違います

乗る方も見る方もいろんな感情や憶測が渦巻いてるのをヒリヒリ感じます(笑)

見られたいからオープンにしているっていう方もいらっしゃるとは思います

それもいいですね

バシッときめて颯爽と流す

『ジロジロ見られるのはヤだけど爽快感には変えられない』

そんな方もいらっしゃるでしょう

いろんな方がいらっしゃると思います

ただ一つ言えるのは

みんなそんなにあなたのこと興味ありません(笑)

一瞬の風景のひとつとして眺めてる程度です

おまつりやパレードに似てると思うんですよね

ちょっと恥ずかしいけど

演じたり踊ってるほうがきっと楽しい

まわりの人は

なんとなく眺めてる

そんなもんです

人ごみの中、街中をガンガン全開でオープンを楽しんで下さい!



やまなみハイウェイ(WINDYから2時間)


DSC08191.JPG

やまなみハイウェイ

なんて素敵な名前でしょう!

ハイウェイの名称はついていますが高速道路ではありません

以前は有料でしたが現在は無料の道路で

高速という意味ではなく高い所を走る道路という意味だと思います

実際制限速度は60㎞ですし一部50㎞です(唐突にトラクターとか牛とか写真撮ってる観光客とかいるのでとばさないでくださいね)

正式名称は

『大分県道・熊本県道11号別府一の宮線』

熊本から大分へ行く県道です

やまなみハイウェイは愛称ですがその名前に負けない

オープンカーでぜひ走ってもらいたいすばらしい道路!

どの季節に走っても久住山を中心とした迫力ある風景と雄大な自然があふれだしてきます

DSC07749.JPG

観光スポットとしては九重"夢"大吊橋、長者原、牧ノ戸峠

くじゅう花公園、久住高原スカイパークあざみ台ともりだくさん

おいしいケーキ食べ放題の店とか牧場の手作りジェラート店とか

DSC07768.JPG

おすすめしたいお店もいっぱいあります

湯布院、黒川温泉、阿蘇、別府と有名観光地とリンクできる場所なのでぜひ走ってみてください!

DSC07800.JPG

湯布院コース(WINDYから1.5時間)


DSC_0350.jpg

行ってみたい温泉ランキングで常にトップ3に入る湯布院のご紹介
湯布院の特徴はなんといっても温泉宿ですがオープンカーにとっても素敵な道がたくさんあります

湯布院から別府へ行く道中の狭霧台では湯布院、由布岳が一望でき、冬の早朝は湯布院盆地をお椀にしてミルクを入れたような光景を目にすることができます。

また隠れた人気スポット塚原地区へアクセスする道路もオープンカーにはもってこいの道路です
さらにその先を右折すれば大分の夜景スポットNo.1の十文字原、左に曲がればアフリカンサファリ、安心院(あじむ)へつながる快適なワインディングロードと楽しむことができます。

DSC07717.JPG

別府コース(WINDYから2時間)


オープンカーの魅力のひとつに "匂い" があります
その町その町に独特な匂いがあるのを感じてもらえればと思うのですが

なんといっても日本一の湧出量を誇る別府温泉!

町のあちらこちらから硫黄の匂いが漂ってきます
いや、場所によっては匂いから臭いに変わる場所さえあります
明礬(みょうばん)温泉の前の道路なんて呼吸を止めたくなります(笑)
まあ地獄プリンがおいしいのでつい寄っちゃいますが

写真のように町中湯煙だらけですからね

別府から大分へ行く道は別大道路といい別大毎日マラソンでおなじみの道路です
今度は海沿いの道で潮の香りを楽しんでください

DSC07665.JPG

阿蘇コース(WINDYから2時間)


やはり九州のドライブコースで真っ先にあげられるのは阿蘇山周辺だと思います
雄大で自然あふれる阿蘇山周辺は季節を問わず楽しむことができるオープンカーにはうってつけのおすすめコースです。
観光スポットでいえば阿蘇山火口、大観峰、草千里、白川水源
食べるものは、高森田楽、あか牛、たかなめし
遊ぶなら、カドリードミニオン、あそファームランド、観光農園
そのほかにもこだわりのペンションや絶景の温泉とたくさんの魅力にあふれています。

ただなによりも素晴らしいのは空の広さだと思います

公道を走れるゴーカート(オープンカー)で満喫してください!

aso.jpg

TOPに戻る↑